おやま こども食堂 笑光へようこそ!

子供の孤食から共食へ


さまざまな理由から子供が一人で食事をする【子供の孤食】が増える中、笑光はみんなで楽しく食べる【共食】を目指し活動しています。


【孤食】とは?

一人で食事をする事で孤独を感じてしまう『寂しい食事』と言われています

【孤食になる理由】

核家族、経済悪化で共働きの増加、母子家庭など、その他毎日ではなくても家族との生活リズムが合わないなど様々な原因が考えられます

【孤食の現状】

コンビニやファストフード、お菓子なとですませ、長期の休み明けには痩せて登校する子供が多いといわれています

【孤食の影響】

好きな物ばから食べるので偏食になり『肥満』『体調不良』栄養の偏りにより『元気が出ない』一人で食事をする寂しさから『精神的な満足が得られず情緒不安定になりやすい』といった傾向になり子供達にとって大変悪影響となっています


子供食堂とは?


平成30年現在全国に2000ヶ所以上あると言われる子供食堂ですが場所により様々な形態で開催され料金は100円から500円程度の料金もあれば無料で提供し食事だけではなく学習支援や親の悩みなどを相談する場にもなっているそうです。

笑光の役割とは?


"孤食"から"共食"へ楽しい居場所作りを目指します。

バランスが良く、あたたかい食事の提供はもちろんですが、みんなで楽しく食事をする居場所作りを目指します。

昔子供だった私達を時には諭し時には褒め、あたたかく見守ってくれた地域の人がたくさんいました。周りの大人達に支えられながら大人になった私達が今できる事は、あの時見守ってくれた大人のようになること。当然、親の代わりはできませんが食事をするひと時でも安心感を与える世話好きなおばちゃん的な存在にはなれるのではないかと考えています。

笑光が掲げる8つの理念
1.こどもに
"美味しい料理"を作ります
2.こどもが
"安心"できる居場所を作ります
3.こどもに
"親愛"をもって接します
4.こどもの
"良いところ"を引き出します
5.こどもに
"耳を傾け寄り添う"存在になります 
6.こどもの
"希望"に全力で答えます
7.こどもを
"笑顔"にします
8.こどもに
"学び大人も一緒に成長"します


笑光について

【笑光】の名前の由来

子供達の笑顔が明るい未来を作る光となる笑光(えこう)と名付けました


【笑光】の未来

しばらくは間借りでのスタートとなり、私達の目指す毎日営業するまでには、まだまだ遠い道のりですが将来は子供から大人まで集まれる場所を作り、昼間は高齢者の憩いの場所として、夕方からは子供食堂として1日中人が集まり地域が家族のような笑いの絶えない居場所作りをするのが笑光の最終目標です

そして1箇所にとどまらず小山市内にたくさんの子供食堂が増えるような仕組み作りも長期的な目標の視野に入れ活動していきます。


開催案内


こども食堂 笑光(えこう)

現在コロナの影響で
お弁当の無料配布をしています

対象 小学生、中学生限定

日時  月2回 水曜日
(会場予約状況により変更があります)
          3時ぐらいから食材がなくなり次第終了

場所  小山市東城南4-1-12
         小山市民交流センターゆめまち
            調理室

平成30年10月現在寄付して頂いた
企業様個人様※順不同とさせて頂きます

【食材寄付】
✴企業、団体名
小山三和青果様
鈴木ファーム様
荒井農園様
道の駅思川 フードバンク様
足利子供食堂がじゅまる様
SUNフーズ様
みのりファーム様
城南高校様
WR様
亀本豆腐様
横関酒店様
ベーカリーぱんだぱんだ様
まごころ写真館様
さくら整骨院様
小林園様
あからん様
小山JA様
芝自治会様
中地区支援隊様
✴個人名
小林好光様
生沼様
井上様
池貝様
戸叶様
江守様
速水様
篠原様
松本様
岸様
斉藤様
小林様
石崎様
上野様
匿名小山市民様

【物品寄付】
✴️企業名
ウィリング様(ぬいぐるみ)
野沢電気様(冷蔵庫)
日栄印刷様(タオル)
桜小町MAO様(テーブルクロス)
鹿沼子供食堂たけのこ様(おわん)
アイズヤ様(食器)
✴️個人名
岡田様(ランチプレート)
倉持様(消耗品)
山中様(消耗品)

【寄付金】
✴企業、団体名
須賀神社様
阿久津産業様
フレイムス小山様(募金)
海ぼうず様(募金)
グラッド様
桜小町MAO様(募金)
✴個人名
沼部様
阿久津様
海老沼様
橋本様
三柴様
伊澤様
宇都木様
須藤様
中山様

たくさんのあたたかいお気持ちありがとうございます。今後子供達の笑顔のため大切に使わせて頂きます。